6月のお稽古

しばらくお休みしていましたが月例お稽古を再開します。

【2020年6月分】
6月6日(土)18時頃~20時頃まで
6月17日(水)18時頃~20時頃まで

※毎月2回、主に第2水曜の夜と、月の後半の土日いずれかの時間で開催しています。日程は毎月、確定し次第お知らせしています。

【会場】
九段生涯学習館
( 東京都千代田区九段南1丁目5−10 )
アクセス:https://www.kudan-ll.info/guide/info

最寄り駅:
東京メトロ東西線・半蔵門線、都営地下鉄新宿線
「九段下」駅下車 6番出口前
都バス(飯64・高71系統)「九段下」バス停下車 徒歩1分

<ご案内>
*まずは見学から、お気軽にどうぞ!(見学は無料です。)
*三味線だけでなく、唄希望の方も大募集中です。
*お稽古は習熟度別。扱う曲はその都度お問合せください。
*1回単発、来れるときだけの参加でもOK!

*三味線は原則、各自でご持参いただきます。(見学の方、唄希望の方は不要。)三味線をお持ちでない方は、手軽なレンタル先もご案内しておりますので、参考にしてください。

*すでにどなたかに入門・師事されている方は、事前に先生にご相談し了承を得たうえでご参加ください。(詳細はお問合せください。)

*各種勧誘行為等はお控えください。それに該当するとこちらが判断するような行為があった場合には、今後の参加をお断りする場合がございます。

<参加費・入会方法について>
・会費等は下記の通りです。

*年会費12,000円
(運営費として。年度更新。年度途中入会の方は残月数を算出して入会時に申受けます。)

*お稽古1回参加につき2500円
(各回お稽古時にお支払い。)

・入会にあたっては、入会規約等をご確認いただきます。詳細は初回見学時にご説明させていただくか、事前にメール等でお問合せください。

<実際のお稽古の様子>
下記のブログに、日々更新をしております。ぜひご覧ください。
https://ameblo.jp/nagautafull/

*HPはこちら
http://nagautafull.com/

<参加申込み・お問合せ>
まずはお気軽に、メール・FBメッセージ・お電話等で、ご連絡ください。
メール:nagautafull@gmail.com
お電話:090-9851-0348

【主催】街いっぱいの長唄事務局(江戸長唄ごひいき衆)
HP:http://nagautafull.com/

オンライン ごひいき衆

緊急事態宣言を受け、ごひいき衆の定例稽古もお休みしています。

しかし、メンバーに会えないのは寂しい。。。

ということで、「オンラインごひいき衆」を開催しました。

離れていても繋がっている感じがして、いいですね。

暫くはオンラインが続きそうです。

3月 月例のお稽古

江戸長唄ごひいき衆、月例お稽古のご案内です。

【2020年3月分】
3月18日(水)18時頃~20時頃まで

※毎月2回、主に第2水曜の夜と、月の後半の土日いずれかの時間で開催しています。日程は毎月、確定し次第お知らせしています。

【会場】
麴町区民館
( 千代田区麹町2丁目8 )
アクセス: https://www.city.chiyoda.lg.jp/shisetsu/annai/024.html

最寄り駅:
JR・東京メトロ有楽町線・南北線・都営新宿線市ヶ谷駅から徒歩15分
東京メトロ半蔵門線半蔵門駅から徒歩5分
東京メトロ有楽町線麹町駅から徒歩10分

<ご案内>
*まずは見学から、お気軽にどうぞ!(見学は無料です。)
*三味線だけでなく、唄希望の方も大募集中です。
*お稽古は習熟度別。扱う曲はその都度お問合せください。
*1回単発、来れるときだけの参加でもOK!

*三味線は原則、各自でご持参いただきます。(見学の方、唄希望の方は不要。)三味線をお持ちでない方は、手軽なレンタル先もご案内しておりますので、参考にしてください。

*すでにどなたかに入門・師事されている方は、事前に先生にご相談し了承を得たうえでご参加ください。(詳細はお問合せください。)

*各種勧誘行為等はお控えください。それに該当するとこちらが判断するような行為があった場合には、今後の参加をお断りする場合がございます。

<参加費・入会方法について>
・会費等は下記の通りです。

*年会費12,000円
(運営費として。年度更新。年度途中入会の方は残月数を算出して入会時に申受けます。)

*お稽古1回参加につき2500円
(各回お稽古時にお支払い。)

・入会にあたっては、入会規約等をご確認いただきます。詳細は初回見学時にご説明させていただくか、事前にメール等でお問合せください。

<実際のお稽古の様子>
下記のブログに、日々更新をしております。ぜひご覧ください。
https://ameblo.jp/nagautafull/

*HPはこちら
http://nagautafull.com/

<参加申込み・お問合せ>
まずはお気軽に、メール・FBメッセージ・お電話等で、ご連絡ください。
メール:nagautafull@gmail.com
お電話:090-9851-0348

【主催】街いっぱいの長唄事務局(江戸長唄ごひいき衆)
HP:http://nagautafull.com/

【出演記録】2月8日 街の記憶を三味線と凹凸地形でたどる~山王日枝神社・江戸城外堀編

〽 猿は山王まさるめでたき目出度さよ
天より宝が降りくだつて、増生すれば、綾や千反、錦千反唐織物よ
地には黄金の 花が咲候、実に豊なる時なれや げに豊なる時なれや街の記憶を三味線と凹凸地形でたどる~山王日枝神社・江戸城外堀編の出演記録です。
はじめに、長唄ごひいき衆一同より、お寒い中お越しいただいた、たくさんのお客様方々に厚くお礼申し上げます。 

開場前、「靭猿 (うつぼざる) 」リハーサルです。 

江戸長唄ごひいき衆 「元禄花見踊り」「流れ・滝流し」の実演です。 

安原真琴先生の 「江戸の裏鬼門・総鎮守:山王日枝神社」のご講義です。 江戸の街づくりが鬼門を封じるため緻密に計算されていた事がよく解りました。 

勝くに緒先生、勝くに光先生、賛助出演の先生方の「靭猿 (うつぼざる) 」の実演です。 

皆川典久先生の 「江戸城外堀と山王日枝神社周辺の凹凸地形」 のご講義。高低差を表した地図、地名を絡めてで、とても解りやすく谷が好きになりそうです。 ご講義終了後は、Aコース 三味線体験「三味線を弾いてみよう」、Bコース スリバチ散歩「凹凸地形を体感する」です。 

三味線体験「三味線を弾いてみよう」です。実演の演奏とは、また違った緊張感でした。拙いながら懸命に勤めさせていただきました。本当に難しいです。勝くに緒先生、勝くに光先生のご指導の素晴らしさを実感いたしました

勝くに緒先生が描かれた「靭猿 (うつぼざる) 」の解説イラストです。多才さに一同驚愕です。 

『イベント終了後のごひいき衆の感想より』 

みなさま、今日はお疲れさまでした。🙇
突然、助演の先生の隣で、ということで緊張しました 😅 色々な意味で平常心を失いそうになりながら、何とかゴールに倒れ込んだ感じです。
瀧流しのクライマックスで隣のお師匠さんのバチがそこまで上がるかという位、上がったんです。「第三コーナーの鞭入れってこれか!」と思いました。
体験者の方、初めてとは思えないほどしっかりとした音色で弾いていらしたのでスゴいと思いました。譜面を用意するのを忘れて、ご不便をおかけしてしまいました。次回から気を付けたいと思います。 

第三コーナーの鞭ならぬ撥 

こんばんは
今日はとても楽しかったです
ありがとうございます
素敵な時間を体験でき仲間が増えると良いなと思います
宣伝頑張ります(◠‿・)—☆ 

こんばんは。今日はとても楽しかったです。
花見踊り男性師匠との間に挟まれ唄い思いっきり唄いました。
音程が合っていたかは…?
三味線体験では私も体験側で教えていただき勉強になりました。
ありがとうございました😊 

おはようございます。
先生、みなさま、昨日はありがとうございました。
リハの時、先生の下手側だったのですが、撥の動かし方がよく見えて、とても勉強になりました!
初心者に毛が生えたかどうかの状態でプロの先生たちと並んで弾けるなんて、本来あり得ないシチュエーションですよね。ものすごく恵まれた場を用意していただいたこと、改めて先生、ありがとうございました。 体験会ではお二人の近くにいたのですが、難しいですね〜と言いながら、楽しそうに、最後にはさくらさくら、きらきら星、二曲も弾けるようになって嬉しそうにされていたのが印象的でした。それぞれに弦楽器のご経験があるとのことで、弦に抵抗感はないと言われてました。
三味線はレンタル出来るんですよ。とお話ししましたが、はじめる気になっていただけたら嬉しいですねー

皆様お疲れ様です。
安原先生、皆川先生のご講義と長唄演奏のコラボ。ぴったりと嵌った内容で、あっという間の楽しい時間でありました。
賛助出演の先生方との、大迫力の靭猿は長唄の素晴らしさが、十分伝わっているのを、客席の側から感じとる事ができました。
寒い中、たくさんのお客様にお越しいただき、長唄三味線の体験もしていただけて、本当に良かったです。全てのお客様が散歩のほうに行かれたら、どうしようとの不安は若干ありました😅勝くに緒お師匠、勝くに光お師匠、素晴らしいイベントのご指導、準備、運営、本当にありがとうございました。

師匠、みなさま昨日はありがとうございました。
靱猿、感激しました。
最高でした。
ごひいき衆の方では昨年と比べて、自分自身も少しは心の余裕があったのか、うまくなくても弾くのが楽しいなと思えました。お客様に申し訳ないという気持ちも…
でもいつもの厳しい愛の鞭によって少しは身についてきたのかなと(笑)
勝くに緒師匠、勝くに光師匠ご指導ありがとうございます。
イベントは講義の時間も長くならず、また長唄と交互で組み合わされて、とてもバランスがよかったなって思います。さすがです。
本当にありがとうございました。
朝練ありがとうございました。たぶんあの朝練のおかげで、落ち着いて臨めたんだと思います。
それから昨日は奇跡の出会いが2回もあったのが、すごい不思議な一日でした。ほんの30秒違えば絶対に出会えないまさに奇跡の瞬間だったと思いました。😵大げさ⁈
それはさておき、三味線については今回の朝練みたいにもう少し自分でも練習できる時間を作るよう頑張ります。
あとイベントでお声掛けしてごひいき衆にお誘いした方が、顔を出してくれたらよいなと思います。本当にありがとうございました。😊 

企画・運営スタッフより昨日は綱渡りながら無事に終えることができ、ホッとしています。
企画した側ながらエンタメと学びが両立するのってすごいなぁと改めて思いました。
皆川さん自身も長唄演奏に感動されていて、ホントに良いコラボなので、引き続きお力借りつつ、お仲間ジワリと増やしたいですね。
演奏も三味線体験指導も一体感あり。勝くに緒師匠、勝くに光師匠の指導の賜物。ありがとうございました。 

勝くに光先生より昨日はありがとうございました。
体験会、お疲れ様でした。
皆様の教える姿勢、頼もしかったです❗

勝くに緒先生よりみなさん、お疲れ様でした

金屏風の前で毛氈に座り至近距離のお客様から見つめられる、いつもと違うシュチュエーションにさぞかし緊張した事でしょう。本番は落ち着いて、掛け声も良く聞いて揃っていました。みんなが気持ちをひとつに演奏出来たのではないかと思います。自画自賛

体験の指導も素晴らしい、教えると自分も学ぶことが出来ます。今後も機会を作って、仲間を増やしていきましょう

文楽観劇 国立文楽劇場 曲輪文章

お正月

i2です  新春のお楽しみ、文楽を観劇してまいりました。曲輪文章、ぶんしょうは一文字です。

夕霧恋しさから、吉田屋の表で主人に会いたいと紙衣の伊左衛門。落ちぶれておりましても、主人の喜左衛門と女将のおきさ再会を喜び、丁重もてなします。

伊左衛門、夕霧が他の座敷に上がっていると聞くや、拗ねての狸寝入り。主人の情けなんてどこ吹く風です。

いやはや、なんという〇〇っぷり

病鉢巻の夕霧の登場。お人形だからこその儚さ、美しい

「わしゃ煩うてなあ」

「寝さしはせぬ」

「笑ひ顔見せて下さんせ」

伊左衛門、狸寝入り続行、すがりつき涙する夕霧に拗ね放題、悪態つき放題、言い争いながら、右へ左へと炬燵で移動。駄々っ子そのものです。

あかんわこの人、ほんまの〇〇ですわ

「も とうに死ぬるはづなれども、今日まで命ながらへしは、今一度逢はして下さんす、神仏の控へ綱。」

実在した夕霧太夫は、27歳(22歳とも)の若さでこの世を去っており、大坂中がその死を惜しんだとの事です。

現在でも胸に突き刺るこの語り。当時は如何ほどであったかと思います。

この伊左衛門、世間知らずなボンボン、ダメ男の典型でありますが、滲み出る育ちの良さや愛嬌があり、〇〇だけれども憎めないとこがあります。

ダメ男を器量よし、気立てよし、情に深い女性が惚れぬくってのも定番の展開で、なんて粋(すい)な、であります。これは個人的な受けとめ方なのか、「えっ、そうかな?」との返しも多々あります。

最後は、伊左衛門の勘当が解かれ、夕霧の身請けのお金も用意され、めでたし、めでたしです


芝居にしても、あまりにという感もありますが、実在した夕霧が若くして亡くなったしまったのだから、お芝居では身請けされ幸福に暮らしていく結末になってると

重厚な太棹三味線にのせた太夫の語りは、嘆き悲しみを鮮明に浮かび上がらせます。それゆえ夢のようなハッピーエンドでの終幕はひときわ引き立ちます。

文楽から歌舞伎化され、歌舞伎では廓文章であります。文楽、歌舞伎は深いつながりがあります。また能、狂言を元にし、文楽、歌舞伎化されたものがあります。

狂言、文楽、歌舞伎で上演され、ハッピーエンドで幸せな気分になれる。そう靭猿です。


2月8日(土)のイベントは長唄で靭猿の実演があります。

靭猿、ご存知の方も多いと思いますが、まだという方のために、簡単にあらすじです。

※題名を始めて聞いた時は、「靭猿って何?ウツボって海の?」でありました

大名が自分の靱(うつぼ、矢を入れる筒) に猿の皮つけたいので、猿曳(さるひき)に太郎冠者を介して、猿の皮をよこせと声を掛けます。

猿曳は猿を奪われたら明日からどう生きていけばよいのかと大名に懇願しますが、聞き入れられません。焦れた大名は猿を射殺ろそうとします。

猿曳はやむなく、せめて急所を一打して苦しまないように殺した方がと考え鞭を振り上げます。

猿は振り上げられた鞭を芸の合図と思い、舟の櫓を押す真似をします。いぢらしい猿の姿に猿曳は手が下せなくなります。

それを見て大名も不憫に思い猿の命を助けます。

猿曳は喜び、お礼にと猿を舞わせます。華やかで明るく、めでたし、めでたしです。

長唄の靭猿は、物語りの場面、心情の移り変わりを、詞章、曲調により見事に表現している素晴らしい名曲です。

街の記憶を三味線と凹凸地形でたどる~山王日枝神社・江戸城外堀編

狛犬ではなく神猿像が置かれている山王日枝神社は、縁結び(猿は「えん」とも読むことから良縁のご利益があると言われています)、仕事運や出世運の上昇、商売繁盛、その他にも多岐にわたるご利益があることで知られているパワースポットです。

祝言らしくおめでたい靭猿は如何でしょうか。是非ともお越し下さいませ。

長唄トーク 街の記憶を三味線でたどる 山王日枝神社・江戸城外堀編

●長唄トーク 街の記憶を三味線と凹凸地形でたどる~山王日枝神社・江戸城外堀編
★★永田町で三味線と凹凸地形を体験★★

今回は、江戸城の裏鬼門 山王日枝神社とその周辺の歴史や地形に焦点を当て、

山王祭や庚申信仰の解説、江戸城外堀と神社周辺の地形解説のほか、
祭神の使い、猿にちなんだ長唄三味線の演奏を交え、 江戸の気分を味わいます。
さらに、二つの体験コースをご用意。三味線を弾いてみるか、東京スリバチ学会皆川会長のナビゲートで凹凸地形を体感するか。
盛りだくさんの企画です。ふるってご参加ください。

【プログラム】
12:30~ 受付開始
13:00~15:00 解説+長唄演奏
江戸長唄ごひいき衆 実演「元禄花見踊り」「流れ・滝流し」    
歴史解説 「江戸の裏鬼門・総鎮守:山王日枝神社」             
長唄実演 「靭猿(うつぼざる)」
地形解説 「江戸城外堀と山王日枝神社周辺の凹凸地形」
15:00~ 体験コース選択 
 Aコース 三味線体験「三味線を弾いてみよう」
 Bコース スリバチ散歩「凹凸地形を体感する」*所要90分、赤坂サカス解散

【出演者プロフィール】
〇皆川典久/東京スリバチ学会学会⻑
2003年にGPS地上絵師の⽯川初⽒と東京スリバチ学会を設⽴し、 都内の⾕地形に着⽬したフィールドワークと記録を続ける。
著書に『凹凸を楽しむ東京「スリバチ」地形散歩』(洋泉社)。 専⾨は建築設計・インテリア設計。東北⼤学⼤学院⾮常勤講師。

〇杵屋勝くに緒/⻑唄三味線演奏家
17歳で人間国宝・杵屋勝国師に師事、 東京芸術⼤学⾳楽学部邦楽科修了。 ⼀般財団法⼈杵勝会参与師範・⻑唄協会会員
⻑唄教室「⽟の緒会」主宰、「江⼾⻑唄ごひいき衆」主宰、「湘南ながうたの会」監修

〇安原真琴/立教大学講師
博士(文学)。江戸文化の魅力を国内外に伝える活動をしている。主な著書&作品: 映画「最後の吉原芸者四代目みな子姐さん」『東京おいしい老舗散歩』『東京の老舗を食べる』ほか。

チケットはこちらから↓
http://nagautafull0208.peatix.com/

◆お問合せ:江⼾⻑唄ごひいき衆
メールアドレスnagautafull@gmail.com
電話090−9851−0348(受付17時〜)
◆主催:江⼾⻑唄ごひいき衆  ◆企画:平井の本棚
*このイベントは、千代田まちづくりサポートの助成金を活用しています