伝統文化交流館」タグアーカイブ

照明・音響もできるかな?

9/28の伝統文化交流館でのゆる自主練に参加してきました。

あの空間を自主練のために自由に使えるとは。
なんて贅沢!

とうっとりしつつ、まずは調弦に苦戦。

自宅とあの畳敷きの広間では、音の聞こえ方が全然違う。
ようやく家での調弦に慣れてきたところなのに、聞こえ方の違いで調弦の経験値がまた振り出しに戻ってしまったような感覚です。
一筋縄ではいきませんね。

この日は、施設の方から照明の使い方も学びました。

本番は、照明や音響も自分たちでセッティングする必要があるのです!

スポットライトはどの辺りに当てればいいの?
角度はどう調整すればいいの?

学ぶことは沢山です。

「三味線できるかな?」に参加してみたら、
「照明・音響できるかな?」もセットで付いてきました。お得ですね(笑)

せっかくの機会ですので、色んな「できるかな?」の体験を楽しみたいと思います。

9/30のお稽古は、仕事の都合で会場に行けず、Zoomでオンライン参加しました。

みなさんの練習の様子を眺めつつポイントを学ぼうと、ちょっと傍観者気分でいましたら、『春駒』の演奏動画を撮って送るようご指示が!

勝くに緒先生が、動画を見てアドバイスしてくださるとのこと。

慌てて三味線を準備しました(汗)

勝くに緒先生からは、丁寧にコメントをお返しいただいて本当にありがたいです。

しかしそこで判明した一の糸と三の糸の弾き間違えやハジキとスクイの覚え違いの凡ミス!
覚えたつもりになっていました、恥ずかしい。

そして、撥の上げ下ろしや弾き始めのタイミングの合わせ方なども教えていただきました。

実は動画を撮影する際、自分の中で弾き出すタイミングが掴めず、何度か躊躇してから弾き始めるということをやらかしていたんです。

自宅での気軽な練習では弾き始めは特に意識せず済んでいたのですが、いざ動画を撮ろうとちょっとかしこまった途端、弾き出すタイミングに戸惑ってしまいました。

自宅での個人練習の時から、弾き始めのタイミングを意識した方がいいですね!

さてさて、

私は以前、義太夫(語りの方)を趣味で習っていたので、義太夫の太棹三味線はほんの少し触ったことがあるのですが、

義太夫三味線の撥は重く、とても厚くて「これって撥?」という見た目です。

撥の画像はこちらで見られます「文化デジタルライブラリー」
https://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc6/edc_new/html/233_futozao.html)

持ち方も、撥の角に小指の第二関節あたりをぐっと食い込ませるので、とても痛いんです。

この痛みを越えて芸を磨いていく三味線弾きさんには本当に脱帽です。(プロは大きな撥だこができるそうです)

正座も痛いし、撥を持つ手も痛い。
三味線が弾けたらすごく粋で素敵だけど、稽古には痛みが伴うというのが私のイメージでした。

そのため、今回長唄の三味線を構えた時、撥を持つ右手が想像よりも痛くなくて、ホッとしました(私がきちんと持てていないだけだったらすみません)

しかもキックオフ会は椅子で練習だった!

懸念していた正座&小指の痛み問題がクリアしている!
ずいぶん気が楽になりました。

長唄の方が、素人が趣味として始めるには取っ付きやすいかもしれませんね。

ちなみに私は、一の糸の低音が好きなのですが、
義太夫は重厚で力強い音色が魅力なので、義太夫好きの私は低音の一の糸に惹かれるようです。

皆さんは、どの糸がお好きでしょうか?

三味線をもって歩く 芝~芝浦

9月11日キックオフの日、せっかく芝浦にいくのだからと、ついでに芝公園に出かけてきま
した。運動不足解消もかねて散歩散歩!
三田線芝公園駅で降りて、芝丸山古墳と円山随身稲荷から。

言われないと気づかないけれど芝丸山古墳は都内最大級の古墳。木漏れ日の中、なかなか急こ
う配な階段を行くと円山随身稲荷があります。江戸が開かれる前は沼地だっただろうあたりに
豪族がいたことも、その古墳の中に稲荷神社があることも含めて不思議な場所。後で調べたら
東京の神社は古墳の中に建っているパターンが多いらしいです。
ここから増上寺を目指します。

途中に「伊能忠敬測地遺功表」!この近くから測量をスタートして、帰還したこと記念して建てられた石碑です。11月の発表会では地形を読み解きながらナビゲートしてもらえるので、伊能忠敬の時代にはなかった芝浦を伊能忠敬の気持ちで歩けることが今から楽しみです。

芝公園の中はとても都会的で整備された公園なのでエレベーターで下の芝生から上の芝生
へ。上の芝生は東京タワーがよく見えます。増上寺の昔の門跡の案内があったり、徳川家霊廟門が現れたり。

増上寺!想像より現代のお寺でした。
疫病退散のお経があげられているところだったので、手を合わせてきました。万事おさまりますように。

キックオフに参加するために増上寺から芝浦へ!
船が止まっていて港町だけど、とても整備されていて都会の雰囲気があります。都市がどんどん大きくなるとウォーターフロントは最新さを求められるのかな。芝浦といえば、前回の東京オリンピックに合わせて高速が走るから海苔屋さんが困るという内容の創作落語をラジオで聞いたのですが、どなたのなんという演目かわからずずっとモヤモヤしています。

ということで、港区立伝統文化交流館に到着です。

初めてSEIONさんから自宅に三味線を持って帰った時はすぐ腕が痛くなっていましたが、しばらく持って散歩することができるようになりました。演奏も弾けるようにがんばります!

『春駒』ついに!ついに!練習開始!!


ブログリレー、続いて太田典志さんです。

初回の体験(8月8日)で三味線実演&衝撃体験で、即『三味線やります!』宣言をした後、実に1カ月強!!
ひとり悶々とした時間を過ごしておりました。

なんせ『三味線は憧れ。遠い世界のもの。ガッチリ堅めのお師匠さんに丁稚奉公でもしないとお稽古なんて出来ないに間違いない。まずは純和風の師匠邸に通って、鯉の池がある庭の見える廊下、そこの雑巾掛けから修行開始かなぁ。。』の先入観が一瞬で吹き飛んだ、カジュアルでハードル目一杯下げていただいたトライアル体験でしたから!

そもそも私、落語会を開いちゃうほどの落語好き‼︎
三味線の響きを耳にするだけでワクワク♬の条件反射。パブロフ犬のようにアドレナリン出てます!

しかも、ゴールには『出囃子本番体験!』なんてステキな目標まで設定していただき、共に学ぶ仲間もいるなんて! 

マクラ長すぎですか?

という訳で、昨晩はテンション高めで自主練会場に!あまりに素敵な建物でさらにテンションmax!
初っ端で、先生の絶対音感チューニングにビビったところからスタートし、バチが思いどおりにさばけない。フレットレスで音が掴みにくくて、さらには間がつかめないもどかしさ。
あっという間!
夢のような2時間が過ぎていました。

純粋に楽しい!!
自宅練習続けます!!
引き続き、お付き合いのほど宜しくお願い致します!

追記①
一晩置いて、昨晩の自分の演奏聴いて愕然とする。。ひ 酷過ぎる。

冷静になることも必要

追記②
本日、柳家わさび師匠の主任公演を聞きに鈴本演芸場に。
出囃子が耳に入ってくる感じが、昨日までと全く変わってきている自分に気づき、ちょっと嬉しくなる。

お後がよろしいようで。

大焦りの自主練習

ブログリレー第3弾です!!

はじめまして、山口若葉と申します。

仕事中心の日々の中で、なにか打ち込めるものがほしいな。と思っていたときに運営をされている方にお声がけいただいたことがきっかけで参加しました。

今回、私は自宅での練習中のエピソードを書こうと思います。

初めてのお稽古にて楽器の持ち方や楽譜の読み方を知り、Seionさんで三味線も借り準備万端!早速自宅で練習だ〜!なんて意気揚々としていた中で一番最初につまずいたのはチューニングでした。

■糸が絡まり大焦り!! 

三味線は曲にあわせて3つの弦をチューニング(調弦?と呼ぶのが正しいのかもです)する必要があります。

例えば、「さくら」だと三下り、「春駒」だと本調子と決まっています。お稽古にてチューニング用アプリを教えてもらいましたし大丈夫!と糸巻きを触った瞬間、、、

いきなり絡まりましたw

原因は、糸巻きが外れてしまったこと。ここで慌てては行けない・・・そう思いドキドキする心臓を鎮めるため、外れた三味線をおいて、10分間くらい見ないふりしました。

そんなこんなではじめから大焦りしてしまったのですがなんとか原状復帰し、再度チューニングにチャレンジ!したのですが・・・

■音があっているのかわからない問題

チューナーからでる音と、自分のチューニングがあっているかわからず曲の練習はいるまえに1時間くらい悪戦苦闘しました。 そして結論、なんとなく音階になったかな?くらいで諦めて曲練習をし始めましたw

こんな感じでなかなか前途多難な状態だったのですが、9月11日のお稽古に参加した際、はじめはみんなそんなものですよ。と声をかけていただき、そして他の方と一緒に練習できて、元気を分けてもらいました。そして調弦は耳でずつ合わせていくものとのことでこれから耳になじませていこうと思いました。

11月までにちゃんと弾けるようになるのか自分でも不安ですが、江戸ごひいき衆の皆さんがいるから安心できます。

これからよろしくお願いいたします。

スナイパーのライフル??


ブログリレー、お次は松永亜弓さんです。

コロナにめげず何か新しいこと始めたいって気持ちで参加を決意。11月の発表会っていうゴールと、楽器のレンタルができて気軽に始められるっていうのもポイントでした。
先ずはSEIONさんで、これから3ヶ月間の相棒をゲット。見たことはあるし、体験でも触ったけど…素材の種類とか、色も柄も選べて楽しい付属品とか、湿気が大敵だとか初めて知ることが盛り沢山!自分の背丈以上の大きなお琴なんかもあって、工房はとても楽しかったです。専用ケースに入れて持ち帰りましたが、結構重いんですね。私にはとても扱えないけど、スナイパーのライフルみたいな組立式もあってビックリです。 

さて、銘々準備を整えたところで、9月11日はいよいよキックオフ!場所は、芝浦に今年オープンした『港区立伝統文化交流館』。区の指定有形文化財にも指定された趣のある木造建築は、我らの発表会の晴れ舞台でもあり、なおさらテンションが高まります。そして集ったメンバーはなんと総勢15名!すごい!これからよろしくお願いしますね♩

演奏するのは『春駒』、新春を祝うおめでたい曲です。事前に共有してもらった音源を聞いてるうちにすっかり好きになりましたが、いざ譜面をもらうと…スクイ?ハジキ?なんだって⁉︎ 薬指まで使って、左手も棹を滑る滑る… やっと『さくら さくら』が弾けるかもと思えてきたのに… 分かっちゃいるけど、つい力みに力んで手首がバッキバキです。
でもこれ弾けるようになったら凄く楽しいよなぁ。先生の「振りを覚えれば、すぐ弾けるようになる」という言葉を信じて、自主練に励みたいと思います!

伝承と交流~三味線を嗜むneo旦那衆になってみよう

港区芝浦にある伝統文化交流館(港区指定有形文化財「旧協働会館」)にて
「伝承と交流~三味線を嗜むneo旦那衆になってみよう」と題し11月にイベントを開催します。

芝浦花柳界にあった木造建築(見番)を再生した『伝統文化交流館』を拠点に、長唄三味線と落語を通じて座敷芸の楽しさを追体験。
東京スリバチ学会の皆川典久会長をナビゲーターに周辺散策・解説を組合せ、往時のウォーターフロントの往時の繁栄をたどります。
弾く、唄う、歩く、聴くと、まるっと体験しながら遊んで学ぶ。もちろん参加にあたり年齢・性別・経験不問・盛りだくさんの企画をお楽しみください。

三味線できるかな?~3カ月で出囃子に挑戦

11月の本番に向けて「neo旦那衆」になってみたい方、募集します!
3カ月の短期集中・シリーズ開催で三味線をいちから始め、落語の出囃子に挑戦します。

 都内で唯一現存する木造鍵盤建築物である『伝統文化交流館』を舞台にした披露会にむけ、リアルとオンラインを組み合わせた柔軟な稽古で本番に臨みます。

◆講座のポイント

・始めやすい:初心者が対象。披露会に向けて短期集中で習得(トライアル体験あり)
・リーズナブル:お稽古5000円/月、三味線レンタルも可能
・臨機応変:リアル・オンラインを組合せた稽古、グループ練習(自由参加)機会の設定で無理なく体得
・温故知新:芝浦エリアのフィールドワークや落語を通じ江戸のウィットを味わう

◆募集要項

【日程】  

  09月11日(金)18~20時 芝浦  キックオフ・顔合わせ稽古       
  ※9月~11月、原則月2回(水・土 18:00~20:00)/実演者確定後に稽古日程を固めます。

☆トライアル期間☆  
  08月08日(土)18~20時 九段下 ワンコイン三味線体験
  08月19日(水)18~20時 九段下 稽古見学

【会場】 九段下:千代田区立九段生涯学習館(メトロ九段下駅徒歩1分)
     芝 浦:港区立伝統文化交流館(JR田町駅・メトロ三田駅徒歩8分)

【費用】 3カ月 18,000円(稽古6回/披露会)
     *三味線はレンタル(1500円/月・実費・保険別)利用が可能

【指導】 三味線演奏家 杵屋勝くに緒

【定員】 20名

【共催】 三味線の音で街の記憶を呼び覚ます「江戸長唄ごひいき衆」      
学びのプラットフォーム「うなぎのねどこ」とのコラボ企画。

11月 披露会「街の記憶を三味線と落語でたどる~品川・芝浦編)

披露会では、水辺にちなんだ三味線演奏と落語で料亭・座敷の気分を味わいます。さらに東京スリバチ学会の皆川会長が江戸期の品川・芝浦エリアの地形から読み解き、実際に現地をナビゲートするという豪華な企画です。ふるってご参加ください。

【日程】 2020年11月15日(日)14:00~16:00 予定

【会場】 港区立伝統文化交流館(JR田町駅徒歩8分・メトロ三田駅徒歩9分)

【参加費】 リアル    3,000円(限定30名) 
      オンライン  1,000円(後日三味線体験できるチケット付)

*新型コロナ感染症拡大等の事情によりやむを得ずオンライン拡充や企画変更、延期等の可能性がございます。予めご了承ください。