江戸長唄ごひいき衆」タグアーカイブ

地形と三味線と落語でたどる芝浦と海辺と江戸

晴天に恵まれた11月15日

港区伝統文化交流館を舞台にした「地形と三味線と落語でたどる芝浦と海辺と江戸」
盛会となりました

「3か月で挑戦、三味線できるかなチーム」、やりきりました
大人数の出囃子は音圧がすごい!!
「春駒」の大合奏は小もんさんに喜んで貰えました!!

落語は「棒鱈」「五人廻し」の二席
落ち着いた語り口で、じわじわと笑、くすくすと笑、爆笑…

ごひいき衆はコロナ退散を願って「末広がり」と海辺にちなんで「流れ」を演奏しました

当日の模様は年末年始に収録配信する予定です。
またお知らせいたします

眠っていた三味線を受け継ぐ

ブログリレー、楽器男子Uさんです。

楽器が好きで、また落語も好きなので出囃子を弾いてみたいという気持ちは以前からありましたが、一つの壁が「出囃子に特化した教室は少ない」ということでした。

落語の出囃子は楽器こそ三味線ですが曲は実に多様で、童謡、流行歌、御座敷唄、軍歌、クラシックやカントリーミュージックもOKという自由な世界。一方で三味線の教室は細かくジャンルが分かれていて(長唄、地唄、端唄、津軽…etc)さらに流派があります。どこに行くのか決めかねて、いつか独学でやろうと思い先延ばしにしていました。

そこへ今回の企画「3ヶ月で出囃子に挑戦」

魅力的だ…

テーマが出囃子であることは勿論ですが、何より良いのは期間が3ヶ月と決まっていること。発表会の日程まで最初から決まっているのです。漫然と練習するより短期集中の方が結果が良い事は他の楽器でも経験しているので、迷わず参加を決めました。

まずは楽器の用意ですが、有難いことに譲って下さる方がいらっしゃいました。
修理に出す前に皮の破れ目から内側を覗くと前回張替えをした年月が書いてあり、それはまだ私が生まれる前。長い間、眠っていたようです。
第1回目のお稽古の直前に楽器店から修理完了の連絡があり、早速受け取って稽古に直行。新春のお祝いである「春駒」が、楽器復活の記念曲となりました。楽器は新品を買うのも良いですが、こうして受継ぐのも嬉しいものです。

2回目のお稽古を終えて「春駒」と「軒端の松」を覚える事ができたので、次は楽譜の無い出囃子の耳コピに挑戦して、レパートリーを増やしていきたいと思います。

照明・音響もできるかな?

9/28の伝統文化交流館でのゆる自主練に参加してきました。

あの空間を自主練のために自由に使えるとは。
なんて贅沢!

とうっとりしつつ、まずは調弦に苦戦。

自宅とあの畳敷きの広間では、音の聞こえ方が全然違う。
ようやく家での調弦に慣れてきたところなのに、聞こえ方の違いで調弦の経験値がまた振り出しに戻ってしまったような感覚です。
一筋縄ではいきませんね。

この日は、施設の方から照明の使い方も学びました。

本番は、照明や音響も自分たちでセッティングする必要があるのです!

スポットライトはどの辺りに当てればいいの?
角度はどう調整すればいいの?

学ぶことは沢山です。

「三味線できるかな?」に参加してみたら、
「照明・音響できるかな?」もセットで付いてきました。お得ですね(笑)

せっかくの機会ですので、色んな「できるかな?」の体験を楽しみたいと思います。

9/30のお稽古は、仕事の都合で会場に行けず、Zoomでオンライン参加しました。

みなさんの練習の様子を眺めつつポイントを学ぼうと、ちょっと傍観者気分でいましたら、『春駒』の演奏動画を撮って送るようご指示が!

勝くに緒先生が、動画を見てアドバイスしてくださるとのこと。

慌てて三味線を準備しました(汗)

勝くに緒先生からは、丁寧にコメントをお返しいただいて本当にありがたいです。

しかしそこで判明した一の糸と三の糸の弾き間違えやハジキとスクイの覚え違いの凡ミス!
覚えたつもりになっていました、恥ずかしい。

そして、撥の上げ下ろしや弾き始めのタイミングの合わせ方なども教えていただきました。

実は動画を撮影する際、自分の中で弾き出すタイミングが掴めず、何度か躊躇してから弾き始めるということをやらかしていたんです。

自宅での気軽な練習では弾き始めは特に意識せず済んでいたのですが、いざ動画を撮ろうとちょっとかしこまった途端、弾き出すタイミングに戸惑ってしまいました。

自宅での個人練習の時から、弾き始めのタイミングを意識した方がいいですね!

さてさて、

私は以前、義太夫(語りの方)を趣味で習っていたので、義太夫の太棹三味線はほんの少し触ったことがあるのですが、

義太夫三味線の撥は重く、とても厚くて「これって撥?」という見た目です。

撥の画像はこちらで見られます「文化デジタルライブラリー」
https://www2.ntj.jac.go.jp/dglib/contents/learn/edc6/edc_new/html/233_futozao.html)

持ち方も、撥の角に小指の第二関節あたりをぐっと食い込ませるので、とても痛いんです。

この痛みを越えて芸を磨いていく三味線弾きさんには本当に脱帽です。(プロは大きな撥だこができるそうです)

正座も痛いし、撥を持つ手も痛い。
三味線が弾けたらすごく粋で素敵だけど、稽古には痛みが伴うというのが私のイメージでした。

そのため、今回長唄の三味線を構えた時、撥を持つ右手が想像よりも痛くなくて、ホッとしました(私がきちんと持てていないだけだったらすみません)

しかもキックオフ会は椅子で練習だった!

懸念していた正座&小指の痛み問題がクリアしている!
ずいぶん気が楽になりました。

長唄の方が、素人が趣味として始めるには取っ付きやすいかもしれませんね。

ちなみに私は、一の糸の低音が好きなのですが、
義太夫は重厚で力強い音色が魅力なので、義太夫好きの私は低音の一の糸に惹かれるようです。

皆さんは、どの糸がお好きでしょうか?

三味線をもって歩く 芝~芝浦

9月11日キックオフの日、せっかく芝浦にいくのだからと、ついでに芝公園に出かけてきま
した。運動不足解消もかねて散歩散歩!
三田線芝公園駅で降りて、芝丸山古墳と円山随身稲荷から。

言われないと気づかないけれど芝丸山古墳は都内最大級の古墳。木漏れ日の中、なかなか急こ
う配な階段を行くと円山随身稲荷があります。江戸が開かれる前は沼地だっただろうあたりに
豪族がいたことも、その古墳の中に稲荷神社があることも含めて不思議な場所。後で調べたら
東京の神社は古墳の中に建っているパターンが多いらしいです。
ここから増上寺を目指します。

途中に「伊能忠敬測地遺功表」!この近くから測量をスタートして、帰還したこと記念して建てられた石碑です。11月の発表会では地形を読み解きながらナビゲートしてもらえるので、伊能忠敬の時代にはなかった芝浦を伊能忠敬の気持ちで歩けることが今から楽しみです。

芝公園の中はとても都会的で整備された公園なのでエレベーターで下の芝生から上の芝生
へ。上の芝生は東京タワーがよく見えます。増上寺の昔の門跡の案内があったり、徳川家霊廟門が現れたり。

増上寺!想像より現代のお寺でした。
疫病退散のお経があげられているところだったので、手を合わせてきました。万事おさまりますように。

キックオフに参加するために増上寺から芝浦へ!
船が止まっていて港町だけど、とても整備されていて都会の雰囲気があります。都市がどんどん大きくなるとウォーターフロントは最新さを求められるのかな。芝浦といえば、前回の東京オリンピックに合わせて高速が走るから海苔屋さんが困るという内容の創作落語をラジオで聞いたのですが、どなたのなんという演目かわからずずっとモヤモヤしています。

ということで、港区立伝統文化交流館に到着です。

初めてSEIONさんから自宅に三味線を持って帰った時はすぐ腕が痛くなっていましたが、しばらく持って散歩することができるようになりました。演奏も弾けるようにがんばります!

『春駒』ついに!ついに!練習開始!!


ブログリレー、続いて太田典志さんです。

初回の体験(8月8日)で三味線実演&衝撃体験で、即『三味線やります!』宣言をした後、実に1カ月強!!
ひとり悶々とした時間を過ごしておりました。

なんせ『三味線は憧れ。遠い世界のもの。ガッチリ堅めのお師匠さんに丁稚奉公でもしないとお稽古なんて出来ないに間違いない。まずは純和風の師匠邸に通って、鯉の池がある庭の見える廊下、そこの雑巾掛けから修行開始かなぁ。。』の先入観が一瞬で吹き飛んだ、カジュアルでハードル目一杯下げていただいたトライアル体験でしたから!

そもそも私、落語会を開いちゃうほどの落語好き‼︎
三味線の響きを耳にするだけでワクワク♬の条件反射。パブロフ犬のようにアドレナリン出てます!

しかも、ゴールには『出囃子本番体験!』なんてステキな目標まで設定していただき、共に学ぶ仲間もいるなんて! 

マクラ長すぎですか?

という訳で、昨晩はテンション高めで自主練会場に!あまりに素敵な建物でさらにテンションmax!
初っ端で、先生の絶対音感チューニングにビビったところからスタートし、バチが思いどおりにさばけない。フレットレスで音が掴みにくくて、さらには間がつかめないもどかしさ。
あっという間!
夢のような2時間が過ぎていました。

純粋に楽しい!!
自宅練習続けます!!
引き続き、お付き合いのほど宜しくお願い致します!

追記①
一晩置いて、昨晩の自分の演奏聴いて愕然とする。。ひ 酷過ぎる。

冷静になることも必要

追記②
本日、柳家わさび師匠の主任公演を聞きに鈴本演芸場に。
出囃子が耳に入ってくる感じが、昨日までと全く変わってきている自分に気づき、ちょっと嬉しくなる。

お後がよろしいようで。

【出演記録】2月8日 街の記憶を三味線と凹凸地形でたどる~山王日枝神社・江戸城外堀編

〽 猿は山王まさるめでたき目出度さよ
天より宝が降りくだつて、増生すれば、綾や千反、錦千反唐織物よ
地には黄金の 花が咲候、実に豊なる時なれや げに豊なる時なれや街の記憶を三味線と凹凸地形でたどる~山王日枝神社・江戸城外堀編の出演記録です。
はじめに、長唄ごひいき衆一同より、お寒い中お越しいただいた、たくさんのお客様方々に厚くお礼申し上げます。 

開場前、「靭猿 (うつぼざる) 」リハーサルです。 

江戸長唄ごひいき衆 「元禄花見踊り」「流れ・滝流し」の実演です。 

安原真琴先生の 「江戸の裏鬼門・総鎮守:山王日枝神社」のご講義です。 江戸の街づくりが鬼門を封じるため緻密に計算されていた事がよく解りました。 

勝くに緒先生、勝くに光先生、賛助出演の先生方の「靭猿 (うつぼざる) 」の実演です。 

皆川典久先生の 「江戸城外堀と山王日枝神社周辺の凹凸地形」 のご講義。高低差を表した地図、地名を絡めてで、とても解りやすく谷が好きになりそうです。 ご講義終了後は、Aコース 三味線体験「三味線を弾いてみよう」、Bコース スリバチ散歩「凹凸地形を体感する」です。 

三味線体験「三味線を弾いてみよう」です。実演の演奏とは、また違った緊張感でした。拙いながら懸命に勤めさせていただきました。本当に難しいです。勝くに緒先生、勝くに光先生のご指導の素晴らしさを実感いたしました

勝くに緒先生が描かれた「靭猿 (うつぼざる) 」の解説イラストです。多才さに一同驚愕です。 

『イベント終了後のごひいき衆の感想より』 

みなさま、今日はお疲れさまでした。🙇
突然、助演の先生の隣で、ということで緊張しました 😅 色々な意味で平常心を失いそうになりながら、何とかゴールに倒れ込んだ感じです。
瀧流しのクライマックスで隣のお師匠さんのバチがそこまで上がるかという位、上がったんです。「第三コーナーの鞭入れってこれか!」と思いました。
体験者の方、初めてとは思えないほどしっかりとした音色で弾いていらしたのでスゴいと思いました。譜面を用意するのを忘れて、ご不便をおかけしてしまいました。次回から気を付けたいと思います。 

第三コーナーの鞭ならぬ撥 

こんばんは
今日はとても楽しかったです
ありがとうございます
素敵な時間を体験でき仲間が増えると良いなと思います
宣伝頑張ります(◠‿・)—☆ 

こんばんは。今日はとても楽しかったです。
花見踊り男性師匠との間に挟まれ唄い思いっきり唄いました。
音程が合っていたかは…?
三味線体験では私も体験側で教えていただき勉強になりました。
ありがとうございました😊 

おはようございます。
先生、みなさま、昨日はありがとうございました。
リハの時、先生の下手側だったのですが、撥の動かし方がよく見えて、とても勉強になりました!
初心者に毛が生えたかどうかの状態でプロの先生たちと並んで弾けるなんて、本来あり得ないシチュエーションですよね。ものすごく恵まれた場を用意していただいたこと、改めて先生、ありがとうございました。 体験会ではお二人の近くにいたのですが、難しいですね〜と言いながら、楽しそうに、最後にはさくらさくら、きらきら星、二曲も弾けるようになって嬉しそうにされていたのが印象的でした。それぞれに弦楽器のご経験があるとのことで、弦に抵抗感はないと言われてました。
三味線はレンタル出来るんですよ。とお話ししましたが、はじめる気になっていただけたら嬉しいですねー

皆様お疲れ様です。
安原先生、皆川先生のご講義と長唄演奏のコラボ。ぴったりと嵌った内容で、あっという間の楽しい時間でありました。
賛助出演の先生方との、大迫力の靭猿は長唄の素晴らしさが、十分伝わっているのを、客席の側から感じとる事ができました。
寒い中、たくさんのお客様にお越しいただき、長唄三味線の体験もしていただけて、本当に良かったです。全てのお客様が散歩のほうに行かれたら、どうしようとの不安は若干ありました😅勝くに緒お師匠、勝くに光お師匠、素晴らしいイベントのご指導、準備、運営、本当にありがとうございました。

師匠、みなさま昨日はありがとうございました。
靱猿、感激しました。
最高でした。
ごひいき衆の方では昨年と比べて、自分自身も少しは心の余裕があったのか、うまくなくても弾くのが楽しいなと思えました。お客様に申し訳ないという気持ちも…
でもいつもの厳しい愛の鞭によって少しは身についてきたのかなと(笑)
勝くに緒師匠、勝くに光師匠ご指導ありがとうございます。
イベントは講義の時間も長くならず、また長唄と交互で組み合わされて、とてもバランスがよかったなって思います。さすがです。
本当にありがとうございました。
朝練ありがとうございました。たぶんあの朝練のおかげで、落ち着いて臨めたんだと思います。
それから昨日は奇跡の出会いが2回もあったのが、すごい不思議な一日でした。ほんの30秒違えば絶対に出会えないまさに奇跡の瞬間だったと思いました。😵大げさ⁈
それはさておき、三味線については今回の朝練みたいにもう少し自分でも練習できる時間を作るよう頑張ります。
あとイベントでお声掛けしてごひいき衆にお誘いした方が、顔を出してくれたらよいなと思います。本当にありがとうございました。😊 

企画・運営スタッフより昨日は綱渡りながら無事に終えることができ、ホッとしています。
企画した側ながらエンタメと学びが両立するのってすごいなぁと改めて思いました。
皆川さん自身も長唄演奏に感動されていて、ホントに良いコラボなので、引き続きお力借りつつ、お仲間ジワリと増やしたいですね。
演奏も三味線体験指導も一体感あり。勝くに緒師匠、勝くに光師匠の指導の賜物。ありがとうございました。 

勝くに光先生より昨日はありがとうございました。
体験会、お疲れ様でした。
皆様の教える姿勢、頼もしかったです❗

勝くに緒先生よりみなさん、お疲れ様でした

金屏風の前で毛氈に座り至近距離のお客様から見つめられる、いつもと違うシュチュエーションにさぞかし緊張した事でしょう。本番は落ち着いて、掛け声も良く聞いて揃っていました。みんなが気持ちをひとつに演奏出来たのではないかと思います。自画自賛

体験の指導も素晴らしい、教えると自分も学ぶことが出来ます。今後も機会を作って、仲間を増やしていきましょう